本文へ移動

土木分野での施工事例

スーパーソルは軽量盛土材・擁壁の裏込め材として使用されており、施工性が良く、環境への負荷がないエコ資材として注目されています。

路床置換工 茨城県龍ヶ崎市

 茨城県龍ヶ崎市で新しい道路を作る際に使用。圧密沈下促進工法未施行箇所の為スーパーソルを使い軽量化、沈下を防ぎます。
 

擁壁裏込め材 茨城県日立市

 茨城県日立市 道路改良工事 海岸沿いの道路で幅が狭いため避難路として拡幅しました。擁壁を積み上げていく工事ですが、スーパーソルはフレコンのまま釣り上げて使用できるので工事がしやすいと好評でした。
車1台がやっとの幅です
擁壁を積み上げ裏込め材にスーパーソルを
施工後 : ゆとりある道幅に

テールアルメ 裏込め材 千葉県印西市

 傾斜地の道路拡幅でテールアルメの裏込め材として使用。盛土の中に補強材を敷設することで垂直の壁面を構築する工法。
ひものように見えるものが補強材
テールアルメの上にU字溝設置
垂直な擁壁

排水基盤材

水はけの悪いグラウンドの暗渠溝にスーパーソルを充填し、排水を促します。
砕石に比べて、軽量なスーパーソルは施⼯性に優れ、暗渠管に対する荷重が低減できます。
透水性が高いので目詰まりを起こしにくく、排水効果が持続します。
TOPへ戻る